視力回復手術の失敗例

視力回復手術の失敗例

視力回復手術といえばレーシック手術ですが、レーシック手術にはフラップを使用する手術と、フラップを使用しないPRK手術の二種類あります。
どちらも目の中の手術なのは同じです。
2000年におきた2件の訴訟では2件ともフラップ作製ミスが原因の不正乱視や視力低下と認められ、原告が勝訴しています。
技術不足による医療過誤を避けるには、経験豊富で評判の良い医師を選ぶ必要があるようです。
2006年にはPRK手術で、ヘイズと呼ばれる角膜濁りの合併症で不正乱視がおきた訴訟がありました。
この時、事前にヘイズと不正乱視リスクの説明があり、簡単に説明した文書も交わされていたそうですが、内容が説明不十分という事で、最高裁にて原告が勝訴しました。
ですが、この事例では、後にヘイズは治まり、それに伴い視力も改善されたと報告されています。
現在までにレーシック手術による失明はないとされていますが、様々なリスクはあるのです。
元々の視力が低いほど近視に戻る可能性が高いといわれ、レーザー照射が原因で光に異常に敏感になる「まぶしがり症(羞明症)」を引き起こす可能性は、近年のレーザー機器発達によりリスクは減っていますが、手術の性質上、細菌感染症や炎症・角膜上皮迷入という合併症も起こりえます。
術後に使用するステロイド系の薬は緑内障発生リスクを伴い、レーザー照射ミスが原因の角膜拡張は視力低下を招きかねません。
フラップを使用する手術では、フラップ作製ミス・フラップ位置ずれによる不正乱視のリスクがあります。

関連ページ

視力回復の手術
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
視力回復レーザーの体験について
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
視力回復手術を受けた芸能人
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
視力回復の失敗
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。