視力回復の手術

視力回復の手術

視力回復手術として、現在、一番主流になっているのが、レーシック手術だと思います。
レーシック手術は、一流スポーツ選手やハリウッドスター、芸能人などが受けたことで、視力回復手術として有名になりました。
レーシック手術は、痛みが少なく、短時間ですむことでも人気を集めているのです。
視力回復手術として有名なレーシック手術は、正式名称を「レーザー角膜屈折矯正手術」といい、いくつかの種類があります。
主なレーシック手術の種類は、レーシック、イントラレーシック、エピレーシック、ウェーブフロントレーシック、イントラウェーブフロントレーシック、クリーンルームレーシックなどです。
それぞれに特徴があり、乱視や近視の強さによっては、適応しない場合もあるでしょう。
視力回復手術としては、レーシック手術の他にも、ラセック(LASEK)やフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)、PRK(屈折矯正手術)、RK手術(放射状角膜切開術)などもありますが、いずれも健康保険が適用されないので、安くなってきたとはいっても、それなりに高い手術費用がかかってしまいます。
視力回復手術をすれば、一生、視力が悪くならないというわけではなく、視力回復手術の種類によっては、また視力が低下してしまうこともあるそうです。
視力回復手術を受けるときには、どの視力回復手術が最も自分に適しているか、よく見極める必要があるかもしれません。
視力回復手術を受ける病院も、手術費用に惑わされずに慎重に選んだ方がいいでしょう。

関連ページ

視力回復レーザーの体験について
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
視力回復手術を受けた芸能人
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
視力回復の失敗
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
視力回復手術の失敗例
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。