視力回復の失敗

視力回復の失敗

視力回復失敗例を知って、レーシックなどの視力回復手術のデメリットも知ってください。
有名人が受けているから、メガネやコンタクトが面倒だから、そんな理由で安易に視力回復手術を受けてしまうと、後悔してもしきれなくなるかもしれません。
レーシックなどの視力回復手術は、一度受けてしまうと元に戻せないのです。
視力回復失敗例というほどではなくても、手術後に極度のドライアイになってしまった、光などの刺激に敏感になったという話もよく聞きます。
期待していたほど視力が回復しなかった上に、ドライアイになってしまったら、お金と時間を返してほしくなりますよね。
ちなみに、レーシック手術での視力回復は実は視力矯正でしかありません。
目がよくみえるようになったとしても、根本的治療ではないのです。
最近は、寝る時につけるだけで視力が回復するというコンタクトレンズなど、他の視力回復法も有名になってきました。
将来、医学の発展により、根本的な視力回復法がみつかったとしても、レーシック手術を受けていたために使えない、なんてことになる可能性もあります。
今までは、レーシックを受けたために失明したという症例はありませんでした。
でも、2009年の2月になって、レーシック手術後の感染症により、角膜移植が必要になるかもしれないという症例が出ています(つまり、失明の恐れがある)。
この例のように、レーシック手術前の講習、機械の消毒・メンテナンスも行わず、感染の報告も保険所にしていないような病院で手術を受けると、視力回復どころではない失敗例になってしまうでしょう。

関連ページ

視力回復の手術
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
視力回復レーザーの体験について
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
視力回復手術を受けた芸能人
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
視力回復手術の失敗例
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。