視力回復手術を受けた芸能人

視力回復手術を受けた芸能人

レ―シック手術には、怖いニュースも少なからずあるので、迷っている方も少なくない事でしょう。
そんな方に、参考になればと、レ―シック手術を受けた有名人を少し紹介しようと思います。
レ―シック手術は、一般的にも経験者が多いですが、実際に手術を受けた方の感想を聞く機会は、とても少ないです。
そんななかで、有名人の体験談は、情報収集の一つとして、とても有効といえるのではないでしょうか。
例えば、レ―シック手術を世に広めたといっても過言ではない、タイガーウッズ選手。
スポーツ選手は、安全性の低い物に挑戦するとは考えにくいですよね。
失敗してしまえば、選手生命すら危うくなります。
タイガーウッズ選手は、コンタクトレンズによって、実際よりもボールが大きくみえたり、遠近感のズレが起こる点に困っていたそうです。
これは、一般人にはなんともない事でも、プロゴルフにおいてはとても大きな事であったりするからです。
勝敗に影響を及ぼす事もないとは言い切れません。
ですが、レ―シック手術を受け、「以前より細かい芝目までみえるようになった」とコメントするほどに、鮮明な視界に満足しているようです。
この他にも、プロ野球の松坂大輔選手や、俳優の松方弘樹さんなど、レ―シック手術を受けた方はたくさんいます。
そのレ―シック手術を受けた多くの方が、術後の状態に満足しているそうです。
ちなみに、歌手の倖田來未さんや、女優の乙葉さんは、神戸クリニックというところで、レ―シック手術を受けたそうですよ。

関連ページ

視力回復の手術
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
視力回復レーザーの体験について
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
視力回復の失敗
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
視力回復手術の失敗例
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。