視力回復トレーニング

視力回復トレーニング

視力回復トレーニングは、やりすぎると逆効果になってしまうこともあります。
視力回復トレーニングをやるときには、一日10分程度にとどめ、毎日継続して行いましょう。
視力回復トレーニングをしたからといって、劇的に効果が出るわけではありませんが、続けることで成果が出ます。
視力回復できていないように感じても、それ以上、視力が悪化しないですんでいるのかもしれません。
視力が悪化していくスピードの方が、視力回復トレーニングの効果を上回っている場合もあります。
具体的な視力回復トレーニングの方法としては、眼球トレーニングが一般的でしょう。
目を上下左右に動かし、斜めに動かした後、ぐるりと左右に回します。
意識的に寄り目にしたり、反り目にしてみるのも、視力回復トレーニングになると思います。
次に、紹介したい視力回復トレーニングが、遠近トレーニング法です。
目の近くにポールペンや指などを突き出して、じっとみます。
なるべく遠くのものをみて、また近くのものをみてください。
近くのものと遠くのものを交互にみることで、ピント調節のトレーニングになります。
調節力のトレーニングとしては、みえるかみえないかというギリギリの文字を目を細めないようにしながら、注意深くみるのも有効な方法です。
息を止めないで、瞬きを強めにして行います。
終わった後は、目を閉じて目を休ませてください。
視力回復トレーニングは、必ず裸眼で行い、終わった後は目を休息させることが重要です。

関連ページ

自分でできる視力回復トレーニングってどんなの?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
自宅でできる視力回復方法
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
アイトレで視力回復
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
子供の視力回復トレーニング、眼育
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
ウインク視力回復法って効果あるの?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
マジカルアイの視力回復法って本当に効果あるの?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
ためしてガッテンの視力回復トレーニング
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。