視力を回復させよう

近視記事一覧

近視の治療法でレーシック手術はどう?

今までは、視力が悪くなって日常生活に支障が出る場合には、ほとんどの方がメガネかコンタクトレンズのどちらかを使用していましたよね。しかし、最近ではレーシック手術を行う方が増えてきました。少し前までは、レーシック手術を行う病院の数が少なかったので、手術代も高額なものでした。でも、今ではレーシック手術を扱...

≫続きを読む

 

近視通電治療とは?

近視の視力回復方法として、通電治療が行われていることをご存知でしたか?視力回復の治療と聞くと、散瞳薬などの点眼薬での治療やレーシック手術を思い浮かべる人が多いと思いますが、実際に病院で通電治療も行われているのです。しかし、まだこの方法を使った治療を行っている眼科は少ないようです。でも、今まで色々な方...

≫続きを読む

 

近視と老眼は違うもの?

日本人に多い視力の不具合といえば、圧倒的に近視と老眼でしょう。老眼は年齢とともに進み、誰でも必ず起こる現象です。ですから、高齢化社会の日本では、老眼率も大変高いと言えます。同様に、日本人に近視が多いというのは世界的にも知られていることです。昭和時代にアメリカで定着した「日本人=勤勉・メガネ」というイ...

≫続きを読む

 

近視になる原因とは?

近視は子供の頃に発症するケースが多く、近視=ガリ勉というイメージも強くありました。夜遅くまで長時間勉強をしていると、近視になりやすかったからでしょう。また、昔はマンガやテレビが原因と騒がれた時代もありました。現代では、テレビゲームやパソコンが大きな要因とされています。近視は遺伝的要素も強く、先天的に...

≫続きを読む

 

近視にも種類がある?

私たちは小学校の時から、視力検査を定期的に受けながら育ちます。そして、視力検査で問題があった子は、学校からメガネを掛けるように指導されます。近眼とも呼ばれる近視は、日本人は子どもでの発症率も大変高く、先進国ほど近眼率が高いと言われています。ある程度大人になると、殆どの人はコンタクトレンズに変えるため...

≫続きを読む

 

近視の度数の測り方って?

近視の度数の測り方といえば、やはり一番に思いつくのが、学校の保健室の「C」がたくさん並んだ検査表ですね。片目ずつスプーンのようなもので塞いで、視力検査をしました。大人になってからは、免許の更新や会社の健康診断、または、メガネやコンタクトの作り替えの時くらいしか視力検査をする機会はなくなってしまいます...

≫続きを読む

 

近視を回復させる方法ってどんな方法がある?

近視は軽いうちなら日常生活に困りませんが、実際にはどんどん近視が進んでいく傾向があります。ですから、メガネやコンタクトをしている人も、定期的に作りなおさないと徐々に合わなくなっていきます。近視を回復させるには、一般的にはコンタクトレンズやメガネといった矯正器具で、一時的に見えるようにするという方法が...

≫続きを読む

 

軸性近視ってどんな状態?

多くの人にはあまり耳馴染みのない言葉だと思いますが、近視には幾つかの種類があり、その中に「軸性近視」というのがあります。軸性近視とは、普通の人より眼球が少し奥に細長かったり、眼球自体が大きかったりして、眼球の奥行きが長い人に見られます。眼球の奥行きが長くて網膜までの距離が普通より遠くなってしまうため...

≫続きを読む

 

近視でコンタクトを入れるといくらぐらい?

近視の人にとって、メガネやコンタクトといった視力を矯正するものは、日常生活を送る上で欠かせないものです。また最近では、レーシック手術といった、目の角膜の屈折率を変えることによって、メガネもコンタクトもいらずに視力を矯正できるという手法も徐々に浸透してきました。ですが、レーシック手術は開発されてから歴...

≫続きを読む

 

近視と遠視の違いって?

視力の不調によって、目の前のものが見えにくかったり、ぼやけてしまったりということは、誰でも少なからず経験はあると思います。特に年をとればとるほど、眼球の働きは衰えていきますので、高齢者の方の中には視力の衰えに悩んでいる方も多いでしょう。この視力の衰えにはさまざまな種類がありますが、代表的なものを挙げ...

≫続きを読む

 

近視のメガネは分厚いの?

近視のメガネというと、レンズが分厚いイメージがあるという人がほとんどだと思います。確かに近視が強ければ強いほど、焦点の距離が網膜から遠く離れてしまうので、離れた分だけの屈折力を持ったレンズが必要になってくるため、どうしても分厚くなってしまいます。近視のメガネは凹レンズが一般的で、中心が薄く外側になる...

≫続きを読む

 

近視を進行させない生活習慣って?

視力の不調にはさまざまなものがありますが、子供から大人まで誰もがなってしまう可能性があるのは近視です。この近視は視力低下にも大きくつながるもので、要因として遺伝的な要因と環境的な要因の二種類あります。重度の近視になると遺伝的な要因の可能性があるのですが、軽度の近視ですと環境的な要因が大きいです。今の...

≫続きを読む

 

子供の近視を何とかするには?

近年、パソコンやゲームやスマートフォンなどの普及により、子供の視力低下が現代病と言っていいくらい深刻化しています。この視力低下の要因は、ゲームやパソコンなどのやり過ぎによる近視です。また、幼い子供の眼球や脳は未完成で、視力低下は近視だけではなく、弱視や斜視などの問題も出てきてしまうので、一刻も早い治...

≫続きを読む