近視にも種類がある?

近視にも種類がある?

私たちは小学校の時から、視力検査を定期的に受けながら育ちます。
そして、視力検査で問題があった子は、学校からメガネを掛けるように指導されます。
近眼とも呼ばれる近視は、日本人は子どもでの発症率も大変高く、先進国ほど近眼率が高いと言われています。
ある程度大人になると、殆どの人はコンタクトレンズに変えるため、実際にメガネを掛けている人はそれほど多くないでしょう。
でも、実際には、近視の人口はとても多いのです。
それに、近視の中にも種類があることはあまり知られていません。
子供の頃には、よく仮性近視という言葉を耳にしたと思います。
パソコンやゲームのやりすぎなどで、近年では以前にもまして目が疲れている人が多く、そのような疲れ目によって一時的に視力が低下することを仮性近視といいます。
この場合は、目を休めることで視力がある程度回復できます。
しかし、それが進んでしまうと、屈折性近視になってしまいます。
屈折性近視は常に目が疲れた状態で、網膜より前方に焦点があった状態が続くことで、その状態が定着、あるいは、悪化していきます。
多くの人の近視は、この屈折性近視ですから、メガネやコンタクトなどで視力矯正が出来るでしょう。
これ以外にも、軸性近視というのがあります。
これは先天的に眼球がやや楕円形をしていて、網膜までの距離が長いために、焦点が網膜まで届かないという近視です。
軸性近視の場合は、手術で矯正するのが一般的です。

関連ページ

近視の治療法でレーシック手術はどう?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視通電治療とは?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視と老眼は違うもの?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視になる原因とは?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視の度数の測り方って?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視を回復させる方法ってどんな方法がある?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
軸性近視ってどんな状態?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視でコンタクトを入れるといくらぐらい?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視と遠視の違いって?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視のメガネは分厚いの?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視を進行させない生活習慣って?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
子供の近視を何とかするには?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。