近視でコンタクトを入れるといくらぐらい?

近視でコンタクトを入れるといくらぐらい?

近視の人にとって、メガネやコンタクトといった視力を矯正するものは、日常生活を送る上で欠かせないものです。
また最近では、レーシック手術といった、目の角膜の屈折率を変えることによって、メガネもコンタクトもいらずに視力を矯正できるという手法も徐々に浸透してきました。
ですが、レーシック手術は開発されてから歴史も浅く、浸透してきているとはいえ、まだ手を出すのにためらっている人も多いと思います。
今のところ、近視の矯正方法として一般的なのは、やはりコンタクトでしょう。
このコンタクトも昔と比べ、品質も良くなり、値段もかなり安くなりました。
では、初めてコンタクトを作るには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。
まず、コンタクトを購入する際には、眼科で検査をしなければなりません。
コンタクトは医師の処方がなければ作ることはできないので、どこでコンタクトを作るにしろ必ず必要です。
一般的には、初診料と検査料を合わせて5000円〜8000円程度で、これに健康保険が適用されると実際に支払う金額は2000円前後です。
そして、コンタクト本体の価格ですが、これは買う場所によって大きく差が出てきます。
見え方などで特殊なレンズを使用しなければならない人は別ですが、一般的なコンタクトレンズは眼科でも購入できますし、店頭販売や通信販売でも購入することができます。
一般的には、店頭で購入するより、通信販売の方が安く送料込みで販売しているところが多いです。
また、コンタクトの種類などでも金額に差が出てきます。
最近の主流は、1日使い捨てタイプ、2週間使い捨てタイプ、1ヶ月使い捨てタイプの三種類です。
1日使い捨てコンタクトは一番金額に差があり、1ヶ月につきおおよそ3000円〜5000円ぐらいかかります。
2週間使い捨てコンタクトだと、1ヶ月おおよそ1500円〜2500円ぐらいです。

1ヶ月使い捨てコンタクトだと、1ヶ月おおよそ2000円前後で2週間タイプとそれほど差はありません。
使う期間が短ければ短いほど安全性に優れ、目への健康維持はできますが、交換が多いのでどうしても値段が高くなってしまいます。

関連ページ

近視の治療法でレーシック手術はどう?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視通電治療とは?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視と老眼は違うもの?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視になる原因とは?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視にも種類がある?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視の度数の測り方って?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視を回復させる方法ってどんな方法がある?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
軸性近視ってどんな状態?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視と遠視の違いって?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視のメガネは分厚いの?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視を進行させない生活習慣って?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
子供の近視を何とかするには?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。