近視通電治療とは?

近視通電治療とは?

近視の視力回復方法として、通電治療が行われていることをご存知でしたか?
視力回復の治療と聞くと、散瞳薬などの点眼薬での治療やレーシック手術を思い浮かべる人が多いと思いますが、実際に病院で通電治療も行われているのです。
しかし、まだこの方法を使った治療を行っている眼科は少ないようです。
でも、今まで色々な方法で近視治療をしてきたけれどなかなか視力が回復しなかった人でも、この治療で視力回復を実感できたケースがいくつもあります。
通電治療は簡単にいうと、目の周りに微弱な電流を流すことにより、外部から目の筋肉をもみほぐすようなイメージです。
近視は目の毛様体という筋肉が、肩こりのように凝り固まっている状態です。
この毛様体がリラックスできないままで緊張した状態が続くと、遠くの物がぼやけて見えたりするのです。
とはいっても、目の筋肉は肩こりのように凝り固まっているところを直接手でもみほぐすわけにはいきませんよね。
そこで電流を流すことで筋肉の凝りをほぐし、血行を促進するのです。
どんな治療かというと、眼科医が2本の電極棒を使い、目の周囲にあるツボに押し当てていくだけです。
患者さんは電気を体内から逃げやすくさせるためにアース棒を握っている必要があります。
電流を流しているので、ピリピリっと感じることは多少あると思いますが、痛みは全くないので安心です。
一回の通電治療にかかる費用は、1000〜1500円程度でしょう。
毎日通電治療を行うのではなく、週に1〜2回くらい行います。

関連ページ

近視の治療法でレーシック手術はどう?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視と老眼は違うもの?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視になる原因とは?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視にも種類がある?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視の度数の測り方って?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視を回復させる方法ってどんな方法がある?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
軸性近視ってどんな状態?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視でコンタクトを入れるといくらぐらい?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視と遠視の違いって?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視のメガネは分厚いの?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視を進行させない生活習慣って?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
子供の近視を何とかするには?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。