近視と老眼は違うもの?

近視と老眼は違うもの?

日本人に多い視力の不具合といえば、圧倒的に近視と老眼でしょう。
老眼は年齢とともに進み、誰でも必ず起こる現象です。
ですから、高齢化社会の日本では、老眼率も大変高いと言えます。
同様に、日本人に近視が多いというのは世界的にも知られていることです。
昭和時代にアメリカで定着した「日本人=勤勉・メガネ」というイメージは、あまりにも有名ですね。
近年では、圧倒的にコンタクトレンズの人が多いため、メガネをしている人は減っているでしょうが、近視率はむしろ増加していると言えます。
近視も老眼も、日本においてはその疾病率が大変高いというのは同じですが、その症状や原因は全く違います。
近視は近くのものに焦点が合い、遠くの物がぼやけてしまう症状で、子供の頃に発症することが多いことで知られています。
それに対して、老眼は近くのものに焦点が合わせづらくなる症状です。
老化によって眼球の筋力が衰えて、焦点が合わせられなくなる症状で、一般的には40歳代くらいから発症する人が多いようです。
また、老眼になると近眼が治るかというと、決してそういう事はありません。
老眼になっても近視は直らず、遠くの物がよく見えるようになるという事もないのです。
このため、「遠近両用メガネ」という物が存在します。
本を読むなど近くを見るときは視線を落とすことが多いので、メガネの半分から下は老眼用レンズ、メガネの上半分は遠くを見るための近眼用レンズとなっています。

関連ページ

近視の治療法でレーシック手術はどう?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視通電治療とは?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視になる原因とは?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視にも種類がある?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視の度数の測り方って?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視を回復させる方法ってどんな方法がある?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
軸性近視ってどんな状態?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視でコンタクトを入れるといくらぐらい?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視と遠視の違いって?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視のメガネは分厚いの?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視を進行させない生活習慣って?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
子供の近視を何とかするには?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。