近視になる原因とは?

近視になる原因とは?

近視は子供の頃に発症するケースが多く、近視=ガリ勉というイメージも強くありました。
夜遅くまで長時間勉強をしていると、近視になりやすかったからでしょう。
また、昔はマンガやテレビが原因と騒がれた時代もありました。
現代では、テレビゲームやパソコンが大きな要因とされています。
近視は遺伝的要素も強く、先天的に極端に視力が弱いという人も存在します。
しかし、そこまで酷い状況ではなくても、親が近視だとその子どもも近視になる確率が大変高いのは事実です。
このように、近視には遺伝的要素も大きく関係していますが、やはり一番大きな要因は環境でしょう。
特に、長時間続けるテレビゲームは、疲れ目からの近視を引き起こしやすいです。
それに、仕事やプライベートでの趣味として利用するパソコンやスマホなども疲れ目の原因となり、ドライアイや近視を引き起こす要因となっています。
疲れ目が視力低下を引き起こすことは昔から知られていて、特にパソコンやテレビゲームのように一点を凝視し続けるような作業では、瞬きの回数が減ってドライアイも引き起こすと言われています。
作業に夢中になるあまりに、画面に食い入る傾向は大人も子どもも変わりありません。
そのため、最近では、大人になってから近視になる人も増える傾向があると言われており、近視の人口はますます増え続けています。
本来、テレビゲームやパソコン作業は「1時間ごとに休憩を」と言われていますが、なかなか現実的には難しいですね。

関連ページ

近視の治療法でレーシック手術はどう?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視通電治療とは?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視と老眼は違うもの?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視にも種類がある?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視の度数の測り方って?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視を回復させる方法ってどんな方法がある?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
軸性近視ってどんな状態?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視でコンタクトを入れるといくらぐらい?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視と遠視の違いって?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視のメガネは分厚いの?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視を進行させない生活習慣って?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
子供の近視を何とかするには?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。