軸性近視ってどんな状態?

軸性近視ってどんな状態?

多くの人にはあまり耳馴染みのない言葉だと思いますが、近視には幾つかの種類があり、その中に「軸性近視」というのがあります。
軸性近視とは、普通の人より眼球が少し奥に細長かったり、眼球自体が大きかったりして、眼球の奥行きが長い人に見られます。
眼球の奥行きが長くて網膜までの距離が普通より遠くなってしまうため、網膜よりも前に焦点が来てしまって、網膜でのピントが合わないという状態になってしまう近視です。
一般的な近視の場合は、遺伝的要素ももちろんありますが、後天的な環境要素も大きく影響しているのに対して、このような軸性近視は殆ど遺伝的な症状です。
このタイプの人は、眼球そのものが大きく、網膜が常に引っ張られて薄い傾向があり、網膜剥離を起こしやすいと言われています。
また、軸性近視の方は、トレーニングによる視力回復が難しいとも言われているのです。
このため、手術を勧められるケースが多いでしょう。
視力の矯正はコンタクトやメガネでも出来ますが、レーシック手術などで視力矯正するという方法もあります。
ただ、レーシック手術はあくまでも視力矯正のための手術ですから、万が一、網膜剥離などの症状が出た場合には、その手術も受けなければなりません。
いずれにしても、軸性近視と診断された場合は医師とよく相談して、今後のことを検討すべきでしょう。
視力矯正手術をしても、網膜剥離の危険性を排除することは出来ませんから、その辺りのこともよく相談なさってください。

関連ページ

近視の治療法でレーシック手術はどう?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視通電治療とは?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視と老眼は違うもの?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視になる原因とは?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視にも種類がある?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視の度数の測り方って?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視を回復させる方法ってどんな方法がある?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視でコンタクトを入れるといくらぐらい?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視と遠視の違いって?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視のメガネは分厚いの?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
近視を進行させない生活習慣って?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
子供の近視を何とかするには?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。