視力を回復させよう

コンタクト記事一覧

コンタクトレンズの選び方

コンタクトレンズを選ぶ際には、ハードレンズかソフトレンズの選択肢があります。これを決める為に、両方のレンズの長所と短所を知っておくと選びやすいでしょう。まず、ハードレンズの長所は酸素透過性(瞳に届く酸素の通り)が良い事が一番に挙げられるでしょう。これは眼球にかかる負担がソフトレンズより少ないという事...

≫続きを読む

 

コンタクト使用時の注意点

コンタクトを扱う前には必ず両手を石鹸などでシッカリと洗い、その後はコンタクト以外の物に触れないように注意してください。また、水道水中には微量な微生物などがいる恐れもありますので、水道水がコンタクトに掛からないように気をつけてください。扱いに慣れてくると装着時にコンタクトを濡らす目的で口に入れる人がい...

≫続きを読む

 

コンタクトが原因で眼病になる?

コンタクト使用者の中で、一番多い眼病は「結膜炎」です。コンタクトのお手入れを怠っていたり、お手入れの仕方が間違っていて、汚れたコンタクトを装着してしまったために発症する病気です。また、コンタクトは清潔にしていても、手が汚れていると、結果的に汚れたコンタクトを装着してしまうことになります。コンタクトを...

≫続きを読む

 

視力回復とコンタクト

視力回復コンタクトは、6時間から8時間ほど装着して寝るだけで、近視や乱視を矯正できるという、夢のようなコンタクトです。視力回復コンタクトは、アメリカで30年以上の実績がある視力回復法で、オルソケラトロジーとも呼ばれています。就寝時に、特殊な高酸素透過性ハードコンタクトレンズを装着することで、角膜の形...

≫続きを読む

 

視力回復できるコンタクトがある?

私自身、小学生の頃から視力が低下してしまい、小学生の頃はめがねで、その後から今までずっとコンタクトレンズで視力を矯正してきました。コンタクトレンズも便利ですが、着けたり外したりするのが面倒に感じることもありますよね。そこで、何か視力を回復するためにいい方法はないか色々と探してみた結果、なんとコンタク...

≫続きを読む