視力回復できるコンタクトがある?

視力回復できるコンタクトがある?

私自身、小学生の頃から視力が低下してしまい、小学生の頃はめがねで、その後から今までずっとコンタクトレンズで視力を矯正してきました。
コンタクトレンズも便利ですが、着けたり外したりするのが面倒に感じることもありますよね。
そこで、何か視力を回復するためにいい方法はないか色々と探してみた結果、なんとコンタクトレンズで視力を回復することが出来るという方法を見つけました。
「オルソケラトロジー」という視力回復コンタクトレンズなのですが、皆さんはこのコンタクトレンズを知っていましたか?
簡単にご説明しますと、オルソレンズを夜寝ている間に装着し、そのまま睡眠をとり、昼間は裸眼で過ごすという方法です。
この方法のメリットとしては、レーシック手術のように角膜を直接削るような手術が必要ないことです。
寝ている間にコンタクトレンズを装着して角膜表面の形を矯正することで、昼間は裸眼でいられます。
手術が必要ないので、レーシック手術後に見られるような合併症などの心配もありません。
今までコンタクトレンズを使用したことのある方であれば、誰でも簡単に装着することが出来ます。
それに、レーシック手術と違って、小さなお子さんから65歳の方まで幅広い年齢層の方が使用可能なのです。
しかし、メリットばかりではありません。
オルソレンズはハードコンタクトレンズなので、レンズのケアがソフトコンタクトレンズと違って若干面倒です。
他にも、寝る前にコンタクトレンズの装着を忘れてしまったという日が続いてしまうと視力が元に戻ってしまうので、視力が安定しにくいという点もデメリットでしょう。

関連ページ

コンタクトレンズの選び方
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
コンタクト使用時の注意点
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
コンタクトが原因で眼病になる?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
視力回復とコンタクト
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。