視力回復とコンタクト

視力回復とコンタクト

視力回復コンタクトは、6時間から8時間ほど装着して寝るだけで、近視や乱視を矯正できるという、夢のようなコンタクトです。
視力回復コンタクトは、アメリカで30年以上の実績がある視力回復法で、オルソケラトロジーとも呼ばれています。
就寝時に、特殊な高酸素透過性ハードコンタクトレンズを装着することで、角膜の形状を矯正するという仕組みです。
視力回復コンタクトの最大の魅力は、手術の必要がなく、起きているときは裸眼でいられることでしょう。
視力回復コンタクトは、特に子供に効果的だと考えられています。
子供は視力が安定していませんから、大人より効果がでやすいのです。
もちろん、65歳くらいまでの大人も視力回復コンタクトを使うことができます。
視力回復コンタクトは、メガネやコンタクトが手放せない人にとっては、理想的な視力回復法なのですが、強度の近視や乱視の人、ドライアイの人、アレルギー体質の人などは使用できません。
また、視力回復コンタクトは、健康保険の適用外なので、今のところ、かなり高額になってしまいます。
アメリカでは、この視力回復コンタクトを100万人以上が使っているので、日本でも早く健康保険を適用してほしいものですね。
ちなみに、視力回復コンタクトは、装着期間が長くなると、一日の装着時間が短くても矯正効果が持続するようになるそうです。
その反面、視力回復コンタクトを装着しなくなると、視力は徐々に戻ってしまいます。
視力回復手術が怖いという人には、ぜひ、視力回復コンタクトをオススメしたいです。

関連ページ

コンタクトレンズの選び方
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
コンタクト使用時の注意点
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
コンタクトが原因で眼病になる?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
視力回復できるコンタクトがある?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。