コンタクト使用時の注意点

コンタクト使用時の注意点

コンタクトを扱う前には必ず両手を石鹸などでシッカリと洗い、その後はコンタクト以外の物に触れないように注意してください。

 

また、水道水中には微量な微生物などがいる恐れもありますので、水道水がコンタクトに掛からないように気をつけてください。
扱いに慣れてくると装着時にコンタクトを濡らす目的で口に入れる人がいます。
が、このような事はコンタクトに雑菌を付着させて目の中に送り込むような事ですので、絶対に避けてください。

 

更に、コンタクトの使用により、瞳はいつもより紫外線に敏感になります。
外出時などはサングラスや帽子などで目に入る紫外線を減らすようにしましょう。

 

コンタクトは、目にとっては異物な物ですから、就寝時はコンタクトは外してください。
もし、コンタクトを装着したまま寝てしまった場合は慌てずに目薬をさして、少しの時間を置いてからユックリとコンタクトを外してください。
無理して剥がすと、瞳を痛める可能性がありますので、注意してください。

 

お化粧する時には、一番先にコンタクトレンズを装着してからと覚えてください。
先にお化粧などをしてしまうと、レンズや手に付いていた化粧品により瞳を傷つけたり、病気の一因となる可能性があるので気をつけましょう。
お化粧を落す時は、コンタクトを外してからクレンジングを行ってください。

 

これらの事を注意して習慣として体で覚えてしまえば、目の健康を害することなく、コンタクトを使用でき、お化粧なども楽しめますね。

関連ページ

コンタクトレンズの選び方
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
コンタクトが原因で眼病になる?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
視力回復とコンタクト
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
視力回復できるコンタクトがある?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。