コンタクトレンズの選び方

コンタクトレンズの選び方

コンタクトレンズを選ぶ際には、ハードレンズかソフトレンズの選択肢があります。
これを決める為に、両方のレンズの長所と短所を知っておくと選びやすいでしょう。

 

まず、ハードレンズの長所は酸素透過性(瞳に届く酸素の通り)が良い事が一番に挙げられるでしょう。
これは眼球にかかる負担がソフトレンズより少ないという事になります。
また、意外に知られていないのがハードレンズの方が眼球のカーブによりよくフィットするためにソフトレンズよりも小刻みに作られている事です。
自分の瞳に違和感が無く装着できるハードレンズを探すのは、最初は大変ですが、一度、見つけるとオーダーメイドの様に感じるでしょう。

 

では、ソフトレンズの長所というとレンズが柔らかく、初めての人でも違和感が少なく、装着もスグに慣れる点でしょう。
今では1日限りの使い捨てタイプも販売されており、レンズを外した後のケアーが全く必要ないのは疲れている夜には助かりますよね。

 

ハードレンズの短所は強い異物感と、外した後のケアーにお金と毎晩の手間が必要になることでしょう。

 

ソフトレンズの短所はハードレンズよりも瞳を覆う範囲が広いので眼にかかる負担が多くなることでしょう。
また、レンズ自体に柔軟性があり、異物などが入った時も気が付くのが遅れて、角膜を傷めてしまうケースもあるようです。
乱視の度が強い場合はソフトレンズでは矯正しきれない事などもあります。

 

これらを頭に入れて、眼科の先生と相談して自分に合ったレンズを選んでみてください。

関連ページ

コンタクト使用時の注意点
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
コンタクトが原因で眼病になる?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
視力回復とコンタクト
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
視力回復できるコンタクトがある?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。