眼鏡の選び方

眼鏡の選び方

まず、眼鏡選びで押さえておきたいポイントは、眼鏡の横幅が頭の幅とぴったり合っているか、テンプルが耳への長さまできちんとあるかなどの、掛け具合についてです。
眼鏡には、レンズの幅・鼻幅・横幅・テンプルの長さの4つの基本的なサイズがあります。
これらが合っていないと、みた目も掛け心地も悪くなります。
素材やデザイン重視の物は、いくら調整しても限度があるので注意しましょう。
初心者の方でも把握しやすい目安は、レンズの真ん中、あるいは少し内側に、黒目が入るかどうかです。
掛け具合を確認した後は、眼鏡の用途について考えましょう。
仕事で長時間、プライベートで短時間など、用途によって、デザイン性・機能性の重視する割合が大きく変わってきます。
それぞれの輪郭に合う眼鏡を簡単に説明すると、丸顔さんは、細いフレームを選ぶ事によって重たい感じを払拭できます。
角のあるフレームでシャープさをだすのがお薦めです。
三角・四角・ひし形顔さんは、角張ったフレームを避け、丸いやわらかい感じのフレームを選べば、ゴツゴツした感じを払拭できます。
面長顔さんには、お顔の長さを強調しないような、上下の幅がやや広いフレームがお薦めです。
横の長さを強調できますよ。
最近、眼鏡をオシャレアイテムとして利用される方が増えてきた為、お店に行っても種類が多過ぎて困る事がよくあります。
そんな時は、この掛け具合・用途・輪郭に注意してみて下さいね。

関連ページ

眼鏡の正しい選び方って?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
眼鏡で近視がひどくなる?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
眼鏡使用時の注意点
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
眼鏡とコンタクトはどっちがいい?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。