眼鏡で近視がひどくなる?

眼鏡で近視がひどくなる?

眼鏡は、視力を下げるなんてよく耳にします。
ですが、必ずしも眼鏡で近視が酷くなる訳ではありません。
使い方によっては、近視が酷くなる可能性があるだけなのです。
眼鏡というのは5m先にピントを合わせて作られている為、5m以上先を眼鏡をかけてみる分には問題ないのですが、5m以内の物をみていると、自然と近視が進行してしまいます。
ですから、眼鏡をかけると近視が酷くなるとはいえません。
正しい使い方をすれば大丈夫です。
眼鏡で近視が進むのを嫌がって眼鏡を避ける人がいますが、逆に目を細めたり、瞬きが多くなったりする事で、近視を進めてしまう事もあります。
眼鏡以外で近視を進めてしまう原因は、同じ姿勢でずっといたり、勉強やパソコン、携帯などに長時間集中する事が挙げられます。
これらは、毛様体筋をずっと緊張させてしまう為、よくないとされています。
そんな時は休憩をはさんで目の疲れを取るように心掛けるといいでしょう。
また、寝ながら本やテレビを観ると、左右の視力が変わってきたり、姿勢が悪いと、物体と目の距離が近づき過ぎて、近視に繋がります。
姿勢を正し、日頃の生活を改善する努力をすれば、近視は案外簡単にましになるかもしれません。
眼鏡で近視が進行するのではなく、何気なく過ごしている生活の中にこそ、近視を進めてしまう原因が隠れている事が多いのです。
常日頃から、そのような点に注意しながら、うまく近視と付き合って行く事が、とても大切なのです。
是非、参考になさってください。

関連ページ

眼鏡の選び方
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
眼鏡の正しい選び方って?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
眼鏡使用時の注意点
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
眼鏡とコンタクトはどっちがいい?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。