眼鏡の正しい選び方って?

眼鏡の正しい選び方って?

あなたは眼鏡を選ぶ時、デザインや色が自分に似合ってるかどうかだけで判断していませんか?
実は、自分に似合う眼鏡を選ぶ際、いくつかポイントがあるのでご紹介したいと思います。
まずは、眼鏡のフレームと顔の縦横のサイズです。
顔がみんな違うように、顔のサイズだって人それぞれなので、似合う眼鏡も違ってきます。
眼鏡の横幅は、顔の横幅と同じか、ほんの少し眼鏡が小さいくらいがよいでしょう。
眼鏡のレンズの縦の幅は、眉頭から顎の長さの1/3を目安にして選びます。
眼鏡のレンズの縦幅が長すぎると、鼻が低く見えてしまったり、かっこ悪くみえてしまうので注意が必要です。
バランスを見るだけでなく、実際に眼鏡をかけてみてフィット具合も確認しておきましょう。
着けた時に違和感があったりすると、長時間眼鏡を着用した際に鼻のパットの部分やフレームが当たる耳の部分が痛くなったりするので要注意です。
わかりやすい方法としては、一度眼鏡をかけてみて、レンズのちょうど真ん中、もしくは、ちょっと内側に黒目が入れば自分にとってバランスのいい眼鏡と言えます。
あとは、顔の輪郭によってフレームを選ぶと良いでしょう。
例えば、丸顔を眼鏡でカバーしたいと思っているなら、丸いフレームは選ばないようにしましょう。
フレームが細い物で、シャープさを出すためにも角があるようなスクエアタイプのフレームを選んでください。
面長をカバーしたいのならば、上下の幅が広いタイプのフレームを選ぶと、顔の横の長さを強調できるので縦の長さを隠せます。
このように、眼鏡は見た目の印象をかなり変えることができるので、どんな目的で眼鏡を使うのかなどによって正しく眼鏡を選んでみましょう。

関連ページ

眼鏡の選び方
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
眼鏡で近視がひどくなる?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
眼鏡使用時の注意点
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
眼鏡とコンタクトはどっちがいい?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。