視力低下はどうやって起こっている?

視力低下はどうやって起こっている?

現代人の目はとにかく疲れています。
仕事でパソコンの画面を長時間凝視し、車の運転で目を酷使し、都会の夜はネオンや照明が輝いていて目が休まりません。
これだけを考えても現代人の目はとかく疲れていて、休まることがありません。
疲れがたまったまま放置して、また疲れをためるとどうなるか。
結果は簡単ですね、視力が低下します。
視力が低下するとこれまで見えていたものが見えにくくなるので、目を細めたり凝視したりしてさらに目を酷使しますのでさらなる視力低下を招く…まさに視力低下スパイラル。
現代人の目が置かれている状況はまさにこんな感じです。
聞いているだけでも目が可哀相に感じる状況ですが、このスパイラルの結果低下してしまった視力を回復することは出来ないのでしょうか。
そう考える人はたくさんいます。
視力回復はまさにそんな現代人にとって大きな関心事です。
何せ視力が低下してものが見えづらくなるというのは非常に不便ですし、とかく現代人の生活は視力に依存しているものが多いので視力回復の必要性は高まるばかりです。
それでは視力回復についてお話を始める前に、視力低下とは何なのか、どうやって起きているのかを知ることにしましょう。
人間の目は実に良く出来ていて、天然のカメラレンズのようになっています。
今でこそオートフォーカスでピントも自動調整ですから自分で調節することはあまりありませんが、カメラのレンズはピントが合っていないとボケた写真になってしまいます。
いわゆる「ピンボケ」です。
ピントが合っていない状態というのは、レンズに入ってきた光の屈折率がおかしい状態です。

人間の目はこれと全く同じことを行っており、カメラのレンズに相当する網膜のどこでピントが合うかという屈折率が正しくなくなるとピンボケが生じ、結果としてくっきりと見えていたものがボケて見えるようになります。
これが近視や遠視です。
ピンボケした写真を見ていると何かスッキリしない気持ちになります。
写真だけがボケているのならその写真を見なければ済みますが、自分の目の屈折率が正常でなくなった結果、自分の見ている景色がボケてしまうのは逃げようがありませんから、大変なストレスとなってしまいます。
視力回復という意味とは違いますが、そんな状態を矯正するためにメガネやコンタクトレンズを使って視力を回復する方法があります。
近視や遠視で見えにくくなっていたものが突如としてクリアに見えるようになりますから、いかに視力回復が大切なことかこの時に実感させられます。

関連ページ

視力が下がる原因とは?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
暗いところで本を読むと目が悪くなるって嘘?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。