視力が下がる原因とは?

視力が下がる原因とは?

視力が下がる一つの原因は、遺伝と言われています。
親の視力が悪いと、その子供も視力が悪くなる確率が高いようです。
また、目の疲れから視力が悪くなる場合もあります。
パソコンやゲームなどは、画面に近付いて見るために目が疲れてくるのです。
目は近い物を見る時、目の中の毛様体と呼ばれる筋肉が緊張している状態になります。
その状態を続けていると、筋肉が固まり、眼精疲労が起こってしまいます。
目がその状態に適応しようとして、視力が下がってしまうのです。
それから、メガネをかけていると視力が悪くなるという説もあります。
メガネをかけると遠くでもよく見えますよね。
しかし、メガネをかけたままで近くを見ると、毛様体を緊張させなければなりません。
そのままの状態が続いていくと、目がメガネをかけた状態に適応しようとしていきます。
その結果、近視が強くなってきてしまい、現在かけているメガネでは見えにくくなってくるということになるのです。
仕方なく新しいメガネを買って、目がその新しいメガネに適応しようとして・・・と繰り返していくうちに、視力はどんどん低下してしまうでしょう。
それを防ぐためにメガネをつけたり外したりした方が良いという説もあります。
視力をこれ以上下げないためには、とにかく目を酷使しないことです。
パソコンやゲームなどは、最低でも一時間に一回くらいは目を休ませてください。

長時間、休みなく画面を凝視し続けると、目にかなりの負担をかけてしまいます。

関連ページ

視力低下はどうやって起こっている?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
暗いところで本を読むと目が悪くなるって嘘?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。