乱視を回復するための治療法法って?

乱視を回復するための治療法法って?

乱視の程度にもよりますが、軽い乱視であれば、メガネを使って矯正することが出来ます。
メガネを毎日つけるのが嫌な方や乱視の程度が強い方には、乱視矯正用のコンタクトを使う矯正法もあります。
このコンタクトは、就寝時に付けて寝る角膜矯正用のコンタクトです。
小さな子供からお年寄りの方まで幅広い年齢の方に対応できます。
就寝中にこのコンタクトを装着し、翌朝起きた時にコンタクトを外します。
そうすると、日中はメガネなどかけなくても視界が良好になるのです。
軽い乱視の方でしたら、1週間続けていれば、1〜2日は裸眼で生活できます。
かなり魅力的な乱視回復方法ですよね。
ただ、保険の適用外ですので、費用が高額になってしまいます。
それに、コンタクトですから、毎日のお手入れも大切です。
でも、視力矯正用のコンタクトに比べると耐用年数が長いので、頻繁に買い換える必要はありません。
もっと手っ取り早く乱視を治療できる方法は、レーシック手術です。
レーザーを使っての角膜屈折矯正手術になります。
こちらも保険が適用されませんので、手術費用などは全て自己負担です。
一度手術してしまえば、ずっと裸眼で過ごせるため、人気を集めています。
ですが、残念ながら副作用が起こる可能性もありますし、病院によっては感染症などにかかってしまう恐れもあるみたいです。

今のところ、乱視を回復するための治療方法にはどれも長所と短所がありますね。
どの治療方法を選択するにしても、慎重にメリットとデメリットを調べてから決断するといいでしょう。

関連ページ

視力回復と乱視
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。