目が悪いのを放置してはいけない?

目が悪いのを放置してはいけない?

目が悪いのをそのまま放置し、何もしないでいると、重症化したり視力が戻らなくなる事があります。
そうならない為には、早期発見・早期治療がとても大切になってきます。
徐々に視力が低下してくる場合には、近視の進行が考えられます。
また、急激に視力が低下した場合は、網膜剥離や白内障・緑内障・黄斑変性症などといった、眼病の可能性もでてくるので特に要注意です。
これらの眼病にかかってしまうと、最悪、失明という事にもなりかねないので、のんびり構えているのは得策ではありません。
徐々に視力が低下する単純近視の場合では、失明こそないですが、視力低下の他に、視界が歪んで見える・視界がかすむ・中心が見えにくいなどといった症状も併発しているのなら、危険性が非常に高いと思われます。
視力低下には、パソコンや読書などといった外的要因と、眼病からくる内的要因の二つに分かれますが、どちらにしても、放置していると近視の進行が進んだり、失明の恐れも考えられるので、できるだけ早く眼科を受診してください。
視力を矯正するものに、眼鏡・コンタクトレンズ・レーシックなどがあります。
しかし、すぐこれらに頼るのではなく、ストレス発散、十分な睡眠、日常生活の改善、眼球周囲の筋肉の強化など、自分ができる事をまず一度試してみましょう。
そして、充血や痛み、見え方に異常がでた場合は、市販の薬ではなく眼科受診が一番です。
視力が低下しすぎると、矯正手術もできなくなるので十分気をつけましょう。

関連ページ

目が悪くなりすぎると失明する?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。