目が悪くなりすぎると失明する?

目が悪くなりすぎると失明する?

視力が高い人に比べて、視力が低い人は網膜剥離になりやすいのだそうです。
この事から、目が悪くなりすぎると失明するといった話がでているようですね。
しかし、網膜剥離は眼球に強い衝撃が与えられるとなりやすいもの。
ですから、普通に日常生活を過ごしているだけでは、そこまで不安にならなくてもいいでしょう。
ただ、強度の近視の場合はなりやすいというデータもでているので、可能性はとても低いですが、失明する事もありえない事ではありません。
特に、強度の近視で、眼鏡ではなくコンタクトレンズを装着している方は、網膜剥離になる確率が高いです。
コンタクトレンズは、角膜の上に浮かべるように装着して視力を矯正しているので、その角膜が徐々に擦り減ってくるからです。
これはコンタクトレンズをしている人に限りますが、時期が早ければ早いほど、毎日つければつけるほど角膜が薄くなるのです。
角膜が薄くなりすぎると失明の可能性が高くなるのは必然です。
悲しい事に、角膜が薄くなってからでは、通常のレーシック手術を受ける事ができなくなります。
ですから、早めに近視矯正手術を受けるか、眼鏡に切り替えた方が得策でしょう。
ミクロという小さい単位で擦り減ってきていても、角膜の厚さは再生しないので、そう考えると恐ろしくなりますよね。
また、異常がなくても、定期的に眼科に行って目の検査をして貰う事がとても大切です。
視力は、なくてはならない重要なものです。
日頃から目を大事にしてくださいね。

関連ページ

目が悪いのを放置してはいけない?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。