疲れ目に効果のある目の体操ってどうやる?

疲れ目に効果のある目の体操ってどうやる?

皆さんは仕事中やテレビを見ている時に目に疲れを感じた場合、どのような対処方法をとっていますか?
例えば、ホットタオルなどで目の周囲を温めたり、目の疲れを取るマッサージやツボを指圧するなど、対処方法は様々あります。
しかし、目の疲れを取る確実な方法は、これらとはまた別にあり、目の血行を良くすることが目の疲れを解消させるポイントになるのです。
目の周囲を温めたり、ツボ指圧やマッサージなどは結局、一時的なものにしかすぎないのですね。
では、血行を常に良くするためには何が必要なのでしょう。
それは、目の運動を行うことです。
有酸素運動や筋力トレーニングを行って全身を動かし、体全体の血行を良くするという方法もありますが、今回は目の周辺の筋肉を動かすような運動を紹介していきたいと思います。
ポイントは4つ。
「くるくる」、「ぎゅっぱ」、「ぱちぱち」、「ピント合わせ」です。
まずは、「くるくる」ですが、目が疲れたなぁと感じた時に、一度目を閉じて、ぱっと開いて下さい。
その後、黒目をぐるっとまわします。
これを1〜2分間続けて行ってみて下さいね、この運動は毛様体の筋肉をほぐしてくれます。
次は、「ぎゅっぱ」。
一度目を閉じて、ぱっと目を開けたら、黒目を上下左右に動かし、この動作を2〜3回繰り返します。
「ぱちぱち」はその名の通り、目を閉じたり開けたり、ぱちぱち瞬きするだけです。
「ピント合わせ」は、まず近くの物を10〜20秒見つめて下さい。

その後、出来るだけ遠くの窓や物を5分間程見つめるようにします。
これを行うと、リラックスすることが出来るので、気分のリフレッシュにもなります。
仕事や作業中に目の疲れを感じたら、このような運動を組み合わせて行ってみて下さいね。

関連ページ

疲れ目に効果のある食材って?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
疲れ目に効果のある目薬って?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
目が疲れたときの対処法
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
ドライアイとは?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
眼病の種類、症状とは?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
眼球マッサージは危険?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。