目が疲れたときの対処法

目が疲れたときの対処法

目って毎日使うものですよね。
特に、パソコンやゲームなどを長時間していると、目が疲れてきます。
目が疲れてくると、どうしても目をこすってしまいがちです。
これは、誤った対処法です。
目をこすると角膜を傷付けてしまう恐れがあります。
眼球を圧迫する事も危険です。
さらに、目を潤そうとして目を洗うという行為は良くありません。
洗ってしまうと、涙までも流してしまいますので、目には良くありません。
では、どのように対処するのが良いのでしょうか。
目が疲れてきたら、まずは目を休めるために目を閉じます。
冷たくしたタオルを目の上に当てて、疲れて熱くなった目を冷やしていきます。
そして、タオルがぬるくなってきたら、次は温かいタオルを目の上に乗せると、血行が良くなっていきます。
これだけでも、かなり目の疲れは取れていきます。
かなり疲れていると感じたときは、目を冷やす時間を長くしてあげると良いですよ。
パソコンやゲームなどは、時間を決めて取り組んでいきます。
1時間やったら、10分程度休むと決めて取り掛かります。

休んでいる時は、画面を見ずに目を閉じた状態にしておくのが、一番良い方法です。
それでも、目が疲れたと感じる時は、目を閉じて視神経を休めます。
目を閉じると、涙が目に溜まります。
その涙で目を潤していくのです。
このように対処しても、目の疲れや痒みなどが取れない場合は、早めに眼科を受診した方がいいかもしれません。
重大な病気の可能性もあります。
目を酷使せず、大切に優しく守ってあげてくださいね。

関連ページ

疲れ目に効果のある食材って?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
疲れ目に効果のある目の体操ってどうやる?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
疲れ目に効果のある目薬って?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
ドライアイとは?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
眼病の種類、症状とは?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。
眼球マッサージは危険?
視力が下がってしまい、メガネやコンタクトレンズを使用して生活している人はかなり多くの数いると思われます。メガネやコンタクトレンズがあれば問題なく生活できますが、やはり不便な面も多いのです。ここでは視力回復について解説しています。